クロムハーツの並行輸入ショップと正規販売店との違いは?

クロムハーツの銀製品などは、日本でも根強いファンが多くいることから、正規販売店と並行輸入取扱店が共存・競合する形なっています。

両者の違いを知っておきましょう。

◇並行輸入と正規販売との違いは?

並行輸入品とは、正規店や代理店のルートとは違って、別の流通ルートで輸入したアクセサリーなどのこと。

クロムハーツでいえば、提携を結んでいる仲介会社などとは関係のない個人や会社が独自に商品を買い付けるやり方です。

この方式で輸入・販売されたものは、正規代理店や販売店にもっていっても、メンテナンスや保証が受けられないなどの不自由があります。

◇クロムハーツの並行輸入品について。

クロムハーツの並行輸入品は、海外のクロムハーツ直営店で買い付けた作品なので、品物自体がウソ、ニセモノというわけではありません。

このような並行輸入品や取扱店は、販売すること自体に違法性はないので、ユーザーがこれを購入しても罰せられることはありません。

大半のショップが、実店舗とオンライン(インターネット)のデュアル販売を行なっています。

◎気になるニュース:「クロムハーツ」偽ブランド販売 県警、3容疑者逮捕

◇日本国内の正規販売店は、東京・大阪・名古屋・神戸、それに福岡を加えた5エリア。

全店ともクロムハーツの直営店です。

正規代理店の1つであるU各店は、店舗内にて営業しています。

店舗の一角をスペースとしているため、販売されている点数のトータルやアイテム数は少ないですが、写真や画像を持参して品番とともに指定すれば、取り寄せ可能な作品もあります。