人気が衰えないクロムハーツの理由って何なの?

「クロムハーツはなぜ人気に陰りを見せないのか」というテーマには、多くの業界関係者がコメントを寄せています。

それらから推測すると、次のような点が浮上します。

◇クロムハーツにロングテール戦略は必須?

クロムハーツが単なるトレンド人気で一時的にブレイクしているワケではないことは、その長い人気ぶりをみても明らかです。

マーケティング戦略には「ロングテール・メイキング」という考え方があります。

たとえば市場でクロムハーツ製品が頭打ちになると予測できたら、専門家はその前から需要が長続きするような戦略をとります。

◇コンセプトや裏付けを知るだけで高揚感が。

ロングテール、それは長いシッポのように長生きできる方策という意味。

しかしクロムハーツには、そうした手法も戦略もなく、今日まで堂々とした実績を重ねてきました。

その理由は、卓越した彫金技術からあふれ出る繊細なデザイン性。

さらにクロムハーツ製品の広大無辺なモチーフの量としっかりとしたコンセプトワーク、裏付け。

着けているだけで誇らしい気持ちになれるという特別感があるからなのです。

◇「クロムハーツを着用すると、ファッションのすべてが別ものに見える。

魔法にかかったようだ」。

たとえば何気ない装いでも、クロムハーツを身に着ければ違った服を着ているように評価される。

クロムハーツを手に取っただけで、新しいコーディネートが生まれてしまう~。

これらは米国のファッション誌が特集を組んだときの、愛用者のインタビュー記事の一部。

紛れもなくいまなおクロムハーツは不滅の道を歩んでいます。